The International Symposium on Japanese Language Education

2022年ブカレスト大学日本語教育シンポジウム

2022311日(金)・12日(土)

オンライン

主催:ブカレスト大学、支援:国際交流基金

 

日本語再発見!―日本語教育の現場から―

  ブカレスト大学は2022年3月11日・12日オンラインにて日本語教育シンポジウムを開催いたします。本シンポジウムに皆様をお迎えできることは、私たちにとってたいへん喜ばしいことです。

 テーマは「日本語再発見!―日本語教育の現場から―」としました。2020年以降、教育の現場は教室からオンラインへと移行し、教育に携わる私たちの実践には大きな変化がありました。他方で教師と学習者が集う場が変わっても、日々私たちが現場から日本語を「再発見」し学んでいることは変わっていません。本シンポジウムでは、地域を問わず日本語教育関係者のみなさまと日本語再発見の経験を共有できればうれしく思います。

 基調講演は、牧野成一先生(プリンストン大学)と高見智子先生(ペンシルベニア大学)のお二方にお願いしています。

 実践報告、研究を問わず、テーマに関係する発表をお待ちしております。

 発表申し込み締め切りは2022年1月31日(詳細は上の「発表募集」)です。

The International Symposium on Japanese Language Education

University of Bucharest

March, 11 – 12, 2022

Online

Organizer: The University of Bucharest, with the support of The Japan Foundation

 

Rediscovering Japanese – Japanese Language Education in the Spotlight –

We are pleased to invite you to the Japanese Language Education Symposium held online at the University of Bucharest during 11-12 March, 2022.

The theme of the symposium entitled `Rediscovering Japanese – Japanese Language Education in the Spotlight` encompasses a series of contemporary issues which analyze many of the most impressive changes which can be observed in our dynamic world.

Starting with 2020, the field of education has moved from classrooms to online. Therefore, major changes have occurred in our teaching experience. On the other hand, even if the place where teachers and learners gather together has changed, the fact that we kept learning Japanese remained unchanged.

Our discovering of its multiple facets kept us going. At this symposium we would be happy to share our experience of rediscovering Japanese with all the people involved in Japanese language education, irrespective of which region they pertain to.

As keynote speakers at the symposium, we invited Professor Seiichi Makino from Princeton University and Professor Tomoko Takami from the University of Pennsylvania.

We invite all the specialists who would like to speak about their research on Japanese Language Education, Linguistics and other connected fields to present the results of their work during our symposium.

The details for paper submission are available in the Call for papers.

The deadline for the abstracts is the 31st of January, 2022.

For questions or more information, please contact us at rj_symposium@unibuc.ro

日本語再発見-日本語教育の現場からー

202231112

発表募集

本シンポジウムのテーマ「日本語再発見!」に関する発表、および日本語教育・

日本研究に関係するすべての発表を歓迎いたします。

募集に関わる情報は以下のとおりです。

方式:オンライン

発表時間:発表20分 + 質疑応答10分

使用言語:日本語か英語

参加費:無料

以下、「2022年ブカレスト大学日本語教育シンポジウム」の申し込みフォームです。

https://forms.gle/z4Yv2JK5DQqMU4EC8

シンポジウムの後にオンライン論文集(pdf.)を作成いたします。

 

スケジュール

発表募集:2022年1月10日(月)- 2022年1月31日(月)

結果通知:2022年2月10日(木)

発表資料(PPT等) 提出:2022年3月1日(火) – 3月5日(土)

一般参加申し込み:2022年2月25日(金)- 3月5日(土)

 

お問い合わせ先:rj_symposium@unibuc.ro

 

`Rediscovering Japanese – Japanese Language Education in the Spotlight`

March, 11-12, 2022

 Please submit your contributions to the symposium by January 31, 2022.

Guidelines for speakers:

  • A 20 minute presentation will be followed by 10 minute Q & A
  • Way of presentation: Online
  • Languages: Japanese, English
  • Participation fee: free

For registration, please fill in the form below:

https://forms.gle/z4Yv2JK5DQqMU4EC8

The proceedings will be available online on the website of the symposium.

 

Important dates:

  • Title and abstract submission: January 10, 2022 – January 31, 2022
  • Confirmation of acceptance of papers: February 10, 2022
  • Document submission (PPT, pdf etc.):March 1, 2022 – March 5, 2022
  • Attendees’ Registration: February 25, 2022 – March 5, 2022

 

Contact: rj_symposium@unibuc.ro

Professor Emeritus Seiichi Makino (Princeton University)

「空間概念のウチとソトはどれだけ日本語と日本文化を説明することができるか。」
How much spatial notions of Uchi (inside) and Soto (outside) can explain Japanese language and culture?

 この講演ではまず「ウチ」と「ソト」が日本語での意味と音声、母語と非母語などの対立でどのように使われているかという問題から考えはじめ、それに深入りし、日本語の文法と意味がいかにウチとソトと関係しているかを認知のちがいとして捉える。言語も文化であるが、ここでは非言語文化を取り上げる。ウチとソトの関係でおもしろいのは日本人が2月3日の「節分の日」に炒った豆を鬼に向かって投げながら、「福はウチ、鬼はソト」と叫ぶ儀式の意味をまず考える。

 In my lecture I will first discus how meaning and sound, native and non-native are opposed to each other and go further to discuss native vs. non-native language and native language use of language.  Within culture very interesting things will occur when Setsubun ceremony takes place. It is based on Shintō religion and it occurs right before another new season begins. People will start to throw broiled beans saying “Fuku wa uchi, oni wa soto” (“Happiness inside, Demons outside!”)

バイオ (Bio)

 


 

Professor Tomoko Takami (University of Pennsylvania)

「21世紀に求められるビジネス日本語の教育」
Business Japanese Education Crucial in the 21st Century

従来、ビジネス日本語教育と言えば、日本企業への就職支援を目的にしたコースが主流であった。しかし、日本企業への就職・日本での就職がほぼ実現性のない日本国外での環境でも、そのようなコースづくりは妥当であると言えるだろうか。本講演では、まずビジネス日本語教育についての概説をし、新しいビジネス日本語教育の必要性を提案する。次にアクトフルから2011年に提唱された21世紀型スキルの育成をカリキュラム開発に取り入れた、21世紀に求められるグローバル人材の育成に目標をおいたビジネス日本語カリキュラム例を紹介する。そして21世紀に求められるビジネス日本語の教育の意義と可能性について議論したい。本講演の議論が、ルーマニア・ヨーロッパ・その他の地域からの学会参加者にも通底するものであり、参加者それぞれが現場でのビジネス日本語教育の意義や目標を問い、これからのビジネス日本語教育について考えていくきっかけを作ることができればと考える。

Business Japanese language courses have mainly aimed at supporting its students to find a job at a Japanese company or to be employed in Japan. However, would it be sufficient to design such courses outside of Japan where employment with a Japanese company or employment in Japan is almost impossible?  In this lecture, I will first outline business Japanese education and propose the necessity of a new business Japanese education. Next, I will introduce an example of a business Japanese curriculum designed to cultivate global professionals required in the 21st century, incorporating 21st-century skills proposed by the ACTFL in 2011. In conclusion, I would like to discuss further the significance and possibilities of business Japanese education required in the 21st century.  It is hoped that the discussion is relevant to the participants of the conference from Romania, Europe, and other regions and helps each participant examine the significance and goals of business Japanese language education and their teaching in their settings.

バイオ (Bio)

Share This